エッチをした事がない童貞男子でも安心の恥ずかしくないエッチ・セックスの仕方・方法をご紹介します。俗に言う『A~B』までの前戯・ペッティング編です。
また、前戯・ペッティングを進める上で女の子がどこまでがOKで、どこまでがNGなのか?の見極める方法もご紹介します。

童貞でもできる!失敗しないエッチの流れを理解しよう

エッチって何をどんな順番でするのが普通なの?という童貞男子は必見です。まずは、女性経験がなくても恥ずかしくない標準的なエッチの流れを理解しましょう。

1.まずは軽いボディタッチから

いきなりガバッといく野性味溢れるスタートも良いですが、経験値がない童貞男子にはややハードルが高くなります。まずは軽いスキンシップのボディタッチから始めましょう。ボディタッチは、まずは女の子の手を触れてみたり、隣に座ってから徐々に身を寄せて肩を優しく抱きよせてみましょう。
▼見極めPOINT
手を触れる際に拒否されたり、隣に座った際にやや距離を置かれた場合は、エッチできる見込みが薄いです。この場合は、無理せずに日を改めましょう。

2.続いて優しくキス(接吻)

ボディタッチで女の子と距離を近づけたら、次はキスです。童貞男子にとっては初キスの人もいるでしょう。ここでミスしてしまいがちなのが、いきなりのディープキスです。アダルトビデオのようにいきなりのディープキスよりも、優しいフレンチキスから慣らしていきましょう。
数回のフレンチキスをして、女の子から吐息が漏れたり、嫌がるそぶりがなければそのままディープキスに進みます。口を閉じてキスしている女の子の口の中へそっと舌を入れてみましょう。女の子が受け入れてくれれば口が少し空いて、舌が入るようになります。
▼見極めPOINT
フレンチキスをしようとして、顔を避けられたらそこで終了です。諦めましょう。中には”今日は軽いキスまで”と決めている女の子もいます。ディープキスをしようとしたら、拒まれた場合はそこまでにしておきましょう。

3.服の上から胸を触る、揉む

ディープキスをしつつ、女性の表情が火照っていたり、息遣いが荒くなりだしたら、次は胸に触りましょう。この際、ディープキスをしつつ、洋服の上からそっと胸を触るようにします。夢にまで見たオッパイがあっても焦っていきなり強く揉んでしまうのはNGです。
胸を触って女性が嫌がるそぶりを見せなければ、少しずつ触る力を強め、胸を揉むようにします。ブラジャーの感覚が分かる程度に、少しだけ力を入れて揉むようにしましょう。
▼見極めPOINT
ここの胸を触れるか、オッパイを揉めるか…が、エッチできるか?の1つの大きなポイントになります。キスまでは良いけど、カラダはまだダメという女の子がいます。

4.服を脱がして、下着姿に

オッパイを揉んでも、女の子が嫌がらないようだったら、ゆっくりと服を脱がしましょう。シャツの場合はボタンを外し、それ以外の場合はお腹のあたりから服を少しずつめくります。
この時に電気を消した方が良い場合があります。生の下着姿が見たい…その思いをぐっとこらえて、紳士に「電気消した方いいかな?」と女の子に優しく聞きましょう
▼見極めPOINT
下着姿まで拝めれば、あと一息です。ここでは焦らず女性の気持ちを害さないように優しく服を脱がせましょう

5.下着の上から愛撫(ペッティング)

下着の上からオッパイと股間を優しく触れます。まずはオッパイを手で包むように、決して強く握らないようにしましょう。続けて女性の股間に手を伸ばし、下着の上から指で優しくなぞります。前後に優しくさするように触りましょう。
この際にまじまじと下着姿を見ながら愛撫を行うのではなく、キスをしたり首筋をそーっとなめて、女の子を気持ちよくさせてあげましょう。
▼見極めPOINT
ここで、下着の中に慌てて手を入れないように気を付けましょう。まずは下着姿の上から…女の子が気持ちよく、吐息が漏れて来たら下着の中に手を入れて触ります。

6.ブラジャーを外して生おっぱいを

いよいよ下着も脱がせて、女の子を全裸にします。口へのキスから徐々に首筋、胸へとキスの位置を変えていきます。胸のあたりまでキスをしたら、そのまま優しく胸を揉みつつ、ブラジャーを外します
ブラジャーには、通常の後ろにホックがついているものと、フロントホックという前にホックがついているものがあります。通常のホックの場合は、親指と人差し指でホックをずらす様に挟んで外します。片手でも可能です。フロントホックの場合は、両手でホックを外しシャツを脱がす様にブラジャーを脱がしましょう。
▼見極めPOINT
女の子によっては乳輪の大きさや色を気にしている子もいます。仮に理想のおっぱいと色や形が違っていても、表情に出さない優しさは大切です。

7.生おっぱいを揉んで舐めて愛撫する

生のおっぱいがあらわになったら、あとはおっぱいを触って、揉んで、舐めて…の愛撫をしましょう。この際に乳首の周りで円を描くように触ったり、舐めたりしてから乳首を責めると女性も気持ちが良いと言われています。
おっぱいが小さい女の子の場合には優しく、触って舐めてをしてあげましょう。逆に大きめのおっぱいの女の子の場合には、おっぱいに顔をうずめて舐めまわすのもOKです。左右のおっぱいを交互に舐めたり、片手で一方のおっぱいを揉みながら、もう一方のおっぱいは舐める…両手でおっぱいを掴むなど、ここでは存分におっぱいを堪能しましょう。
▼見極めPOINT
女の子によっては、感度が悪い子や気持ちが良くても声が出ない子がいます。おっぱいばかりを見るのではなく、女の子の表情も見つつ愛撫しましょう。

8.ついにパンティを脱がせて丸裸に

一方の手でおっぱいを触りながら、もしくはおっぱいを舐めながら…もう一方の手でパンティの上から股間を優しくこすります。おっぱいを舐めながら、そのままお腹~股間へと、女性の体を舐めながら、股間の方へ顔を移動するのもよいでしょう。
おっぱい→即股間という動きよりも、股間のまわりのふとももやひざくらいまでを優しく触り、少しじらすくらいの動きの方が女性の感度が高まります。パンティの上から舐めるのも良い場合もありますが、パンティがびちょびちょになってしまうので、太ももから股間にかけて舐めたり触ったりしつつ、パンティを脱がせるようにしましょう。
パンティを脱がせるには、パンティの上から股間を愛撫した後、そっとパンティの中へ手を入れます。女性器を直接指で優しくなぞるように触り、その指を上下に動かす様にこすりましょう。ここで気を付けるのは指を膣内にすぐ入れない事です。女の子の経験有無によりますが、処女の場合だと指を入れるだけでも激痛を伴う為です。
パンティの中に入れていた手を出して、パンティを脱がそうというしさぐを見せると、女性が軽く腰を上げてパンティが脱ぎやすいように動いてくれます。ただし、この場合も処女であったり、経験が少ない女の子の場合は腰が浮きません。その場合には「脱がせていい?」と声をかけてパンティを脱がせてあげましょう。
▼見極めPOINT
おっぱいまではOKだけど、下はまだダメ!という女の子がいます。もしパンティの中に手を入れようとした時やパンティを脱がそうとした時に「まだダメ」というように抵抗を見せた場合には、無理にパンティを脱がしたり手をパンティの中に入れるのはやめましょう。

9.自分も裸になって、抱きしめてキス

女の子を裸にしたら、素早く自分も裸になりましょう。ここで無言になってしまう時間があるので一言「俺も脱ぐね」と声をかけてから服を脱ぎましょう。もし器用な人の場合には、4~8の間に女の子の服が脱げていくペースに合わせて自分の服も脱いでいきましょう。
▼見極めPOINT
女の子に脱がせてほしい…という思いもあるかもしれません。しかし実際は、積極的な女の子じゃないとなかなか男性の服を脱がせてもらえません。その為、脱がせてもらいたいと思って服を着たまま待っていると、タイミングを逃してしまいます。自分で脱ぐようにしましょう。

10.様々な前戯で女の子を気持ち良くさせる

この段階までくれば、女の子の気持ちもセックスする事に対して覚悟ができています。焦らずに前戯で女の子を気持ちよくさせてあげましょう。実は、挿入よりも前戯を大切にしている女の子の方が多数!前戯は決しておざなりにしてはいけない行為です。そんな女の子に人気の前戯は以下になります。1~3を繰り返し入念に行いましょう。

  1. 全身を舐めまわすように優しいキスと、手によるソフトタッチ
  2. じらしながら首、脇、腰、背中、乳首、太ももなどの感度の高い箇所をキスや甘噛み
  3. ディープキスをしながら、包み込むようなハグ(痛くない程度に力を入れて)

▼見極めPOINT
女子SPA!のアンケートだと、女の子が前戯にかけて欲しい時間は18分間。すぐにでも挿入したい童貞男子には、辛いところですが、しっかりと丁寧に前戯をして女の子が気持ち良いと思えるようにしましょう。
出典:女子SPA!

11.女の子にペニスを触ってもらおう

女の子が気持ちよくなってきたら、自身の快楽も求めましょう!積極的な(もしくは頑張ってくれる)女の子であれば、愛撫や前戯をしているのにあわせてペニスを触ってくれます。もし女の子が触ってくれないようなら、前戯の最中に女の子の腰やお尻、太ももなどにペニスをこすりつけて「俺のも触って」と声を掛けましょう
▼見極めPOINT
女の子によってはどのようにペニスを触ったら良いかが分からない子もいます。その場合には、女の子の手を取って自分のペニスを握るように促しましょう。また、極稀にペニスを触りたがらない女の子もいます。ペニスを触るように促しても拒むようであれば、無理強いはしないようにしましょう。

12.クンニリングス+指を挿入して女の子の性器を濡れ濡れに

女の子によっては、愛撫や前戯では濡れにくい子もいます。きたる挿入に備えてしっかりとクンニリングス(女の子の性器を舐める行為)をしましょう。上記の前戯の中で太ももやお尻を舐めた流れから、クンニリングスに移行します。
クンニリングスを恥ずかしがって、嫌がる女の子もいますが…愛情を感じる行為でもあるので、少し強引にでも舐めましょう。ただし、童貞が気を付けるべきポイントの1つとして、クンニリングスを行う時に、女の子によってはニオイがキツイ場合があります。多少のニオイに関しては、覚悟をしてクンニリングスをしてあげましょう。
クンニリングスで十分に濡らしてから、人差し指の第二関節くらいまでを優しく膣内へ指を入れて前後に動かします。この後は舐めたり、指を優しく動かして女の子を気持ちよくしてあげましょう。
慣れてきたら性器まわりを舐めながら、指を膣内に挿入して優しく動かす”同時攻め”という童貞にはやや難易度の高いワザに挑戦するのもいいでしょう。上手に行えれば女の子に喜ばれる前戯の1つでもあります。
▼見極めPOINT
クンニリングスと指の挿入については、ペニスの挿入に向けた大切な準備です。ここで女の子も処女(エッチ未経験)であったりすると、指の挿入に対して痛みを訴える場合があります。初エッチに夢中の童貞男子には酷ですが、女の子が痛がっている場合にはペニスの挿入を諦める男気を見せる必要もあります。無理にペニス挿入に持っていくのではなく「痛ければ、今日は辞めておこうか?」という優しさを見せるようにしましょう。
ここで男気と優しさを見せれば、女の子も安心して心と体をあなたに開いてくれ、焦らずとも再びエッチのチャンスは巡ってくるので決して焦らないようにしましょう。

13.前戯のラストはフェラチオ or シックスナイン

前戯のラストはペニスを女の子に舐めてもらいましょう。童貞男子が夢にまで見たフェラチオです。女の子へのクンニリングスを一通り終えたら「俺のも舐めて欲しい」とリクエストしましょう。積極的な女の子は自ら舐めてくれるケースもありますが、行動のキッカケは男性から伝えるとよりスムーズです。

  • 自分が仰向けに寝そべった状態になり、女の子は四つんばいの姿勢から上目遣いで舐めてもらう
  • 自分は立ち上がって仁王立ちになり、女の子は座った姿勢から上目遣いで舐めてもらう
  • 女の子を寝かせ、自分は口をふさぐように上から覆いかぶさるような姿勢で舐めてもらう

などなど…女の子が舐めてくれるならどんなポーズでもいいので、ここは理想の姿勢でのフェラチオを楽しみましょう。また、女の子がペニスを舐めてくれるようであれば、挿入の前にシックスナイン(お互いの性器を舐めあう行為)の姿になり、お互いを求め合うように前戯のラストをしっかりと盛り上げましょう
▼見極めPOINT
フェラチオをしてくれても先っぽを少しだけペロっとしか舐めないような女の子や「絶対にペニスを舐めたくない」という女の子は一定います。理由は様々ですが、俺だって舐めたのに…と思わず、女の子が舐めることに対して嫌がるような素振りがあれば、ここは無理をせずにいよいよ本番のペニス挿入に進んでしまいましょう

ここまできたら、俗に言う『C』と呼ばれるセックスでもある挿入を残すのみ!続きは「童貞版 初エッチ・セックスの仕方 -挿入・体位編-(準備中)」をご覧ください。