出会い系サイト・アプリで、女の子に会える確率は一体何%なんでしょうか。様々な出会い系サービスを利用してきた童貞の先輩達からのアドバイスを元に確率を導き出してみましょう。(出会い系サービスの利用者、出会い系サービスで童貞を卒業した先輩など18歳~36歳までの14名の男子に独自でアンケートした結果です)

出会うために必要なこと

安心できる相手だと思わせる

出会い系には有象無象の男女がいます。出会い系ではトラブルに巻き込まれる女の子も一定数いる為に、まずは安心できる男性であることを理解されるようにしましょう。
プロフィールもできる限り公開し、相手に話す内容については嘘はつかないことです。ちょっとした嘘からでも違和感を感じるとあっという間に信用を失ってしまいます。特に出会う前は、吟味されている期間でもあるので気をつけましょう。
「そんな、ちょっと位なら大丈夫でしょ。大げさな…」と考えている童貞男子は要注意です。基本的に恋愛に対して免疫のある女の子にとっては、些細な変化や違和感を感じやすく、こちらの陳腐な嘘や見栄は見抜かれてしまいます

出会う前に好みをリサーチ

相手の女の子の好みや趣味などはしっかり把握しておきましょう。人間誰しも、自分の興味や関心のある事に共感してもらえる、同じように楽しめる相手と時間を共にしたいと考えています。
心理学から見ても「シンクロニー」という、自分に近いものや環境・好みなどを共有できる人に好意を抱きやすいという傾向があります。共通の話題や趣味を見つけておくのが出会うのに最もスムーズに進められる方法の1つです。
こちらの「出会い系で女の子に好かれるメール・LINEのテクニック」も参考にして、しっかりと出会うまでの流れを把握しましょう!

出会える確率は経験値とイコール

初心者は10~20%くらいで出会える

文字が主体のコミュニケーションです。魅力を伝えるのは難しいですし、文章を読み解く能力も必要です。また女性経験のない童貞男子は、そもそも女の子とのコミュニケーションが得意ではないという人も多いのではないでしょうか。
童貞卒業への道のオリジナルアンケートの結果では、初心者では10~20%くらいで出会える確率があるそうです。これは、メッセージ交換まで進んだ中からの確率です。一方的に好みの女の子にメッセージを送っている数は母数に入っていません。
つまり、女の子と個別のメッセージ交換を始められれば、そのうちの10人に1~2人は実際に会ってくれる…という計算になります。最初の頃はメッセージのやりとりは話題作りが難しかったり、相手の女の子も他の男性と比較しながらやりとりをしています。その中から考えても10~20%はそこそこの期待値なのではないでしょうか。
初心者の頃(出会い系・恋活サービスを始めたばかり)でも、70~80%の確率で出会えていた…というサラブレッドな回答者もいました。

上級者は30~50%以上で出会える高確率!

沢山の女の子と何度もメッセージ交換をしていたり、実際に何人かと出会っていると、温度感やウケが良いやりとりのパターン(自分の中での必勝パターン)が出来上がってきます。このレベルまで達していると、かなりの高確率で女の子と出会えるようになります。アンケート結果から判断すると平均しても30~50%以上
中には個別メッセージの交換(やりとり)まで漕ぎ着ければ、100%出会える…という猛者もいました。彼にはメッセージを送る相手を選ぶにもオリジナルの方程式があるそうで、その方程式からメッセージ交換に進む女の子も絞った上でやりとりをスタートするそうです。その為、出会える率100%なんですね。
この彼に限らずですが、沢山の女性とメッセージ交換をして慣れてきた上級者になると「この子は出会える!」というのを見抜く力がついてくるのは、共通の見解でした。

出会うキッカケになる誘い文句TOP5

出会い系・恋活サービスを利用して、メッセージ交換をしていくと、いずれ「会いませんか?」のお誘いをするタイミングが訪れます。そのお誘いに最適な切り出し方(誘い文句)を、経験者の成功体験からTOP5でご紹介します。

No.1「仕事(学校)の後に、軽く飲みに行きませんか?」

差し支えなく、いつでも使えるかなりの鉄板フレーズ。未成年の場合には「ご飯に行きませんか?」というお誘いになります。
その日に都合があえば…という気兼ねなくお誘いしている感じが、女の子からしても「まずは会ってみるだけでも」という心理的ハードルを下げてくれます。最初から恋愛対象として出会って欲しい…というニュアンスが伝わってしまうと、女の子は身構えてしまいます。あくまでもまずはお友達としてという雰囲気で、気軽にお誘いするのがスムーズです。
わざわざ休日にしっかりと予定を組んで「会いましょう」だとややデート感が強くなってしまうので、平日(会社や学校がある日)の帰りついでにどうですか?という温度感でのお誘いが最適です。

No.2「その映画、一緒に観に行きましょう」

No.1のフレーズに比べてややデート感があるお誘いになります。男女でも食事やお酒を飲みに行くのであれば友人や同僚として見えますが、男女で映画となるとどうしても周りからデートしているカップルとして見られてしまいます。
とは言え、もし共通の趣味として映画に関心があったり、相手の女の子が観たいと言っている話題作があるようであれば、このお誘い方法が良いでしょう。もちろん映画の後には軽く食事に行ったり、お酒を飲んだりするのが定番コースです。「映画を観た後は軽く近くのお店で食事でも…」というフレーズはやりとりの中で出しておくのが無難でしょう。

No.3「○○が美味しいお店見つけたから、一緒にどうですか?」

これもNo.2と同じ共通の趣味に近いですが、同じような好みだから一緒に食べましょう…という点から、お誘いしやすいフレーズになります。
No.1に比べると”美味しいお店”をリサーチしておく必要があるので、やや難易度が上がります。とは言え、最近ではぐるなびや食べログのようなグルメ情報サービスが沢山ありますので、そこから好みに合いそうなお店を見つけるのも良いでしょう。変に肩肘を張って「知っているイイ店があるんです」などと、見栄を張らないようにしましょう
自身も行ってみたかったお店だった、という見え方が普通です。「まだ僕も行った事ないので、一緒に行ってみませんか?」という目的意識を一緒にしてお誘いしてしまうのも効果的です。
このお誘いフレーズを使うには、事前に伏線(どんな料理が好きか?よく行くお店のジャンルは何か?)を張っておくことが大切になります。いずれフレーズを使うためにも、日々のメッセージのやりとりで女の子の好みが把握できるようにしておきましょう。もちろん無理に聞き出すようなコミュニケーションは逆効果なので、要注意です。
自己紹介をする際に「僕はパスタが好きで、よく食べてます。」や「毎週末、近所にある和食のお店に通ってます。」など、相手の女の子も自身の好みが言いやすいようなメッセージを送っておくと良いでしょう。

No.4「○○のイベント、行きませんか?」

これはタイミングも重要になりますが、女の子の好きなミュージシャンやアーティスト、イベント企画などが開催される際に「一緒に行きませんか?」とお誘いするフレーズになります。
アーティストのライブ、サマーソニックのような音楽フェス、B級グルメの期間限定の屋台村など…イベント物は「行ってみたい」というニーズ喚起がしやすいので、お誘いした場合の返答もOKの確率が高くなります。ただし、女の子の興味があるイベントじゃないと、まったくもってOKをもらえないので、提案するイベントを選ぶ際には細心の注意が必要です。
また、イベントをお誘いしても女の子の反応がイマイチな場合には強引に「行こうよ!」と提案するのではなく「また違うイベントに一緒に行きましょう」と柔軟に対応するようにしましょう。あくまで主役はイベントそのものなので、興味がないイベントに初めて会う男性と行く…は相当なハードルが上がってしまいます。
映画やドラマで観るような「チケットが取れたから、一緒にどう?」というようなオシャレなお誘いは童貞男子には難易度が高いので、普通に「○○のイベント、予定があえば一緒にどうですか?」という形でお誘いしましょう。もちろん女の子の意思を確認せずにチケットを購入してからお誘いするなどはリスクが高いので控えましょう。
逆にお誘いしてOKを貰えた場合には、該当イベントのチケットの手配は男性自らが行うようにしましょう。チケットの手配は意外と手間なので、女の子からの印象も良くなります。

No.5「ランチに行きませんか?」

ランチ合コン(会社勤めのサラリーマンとOLがランチ時間に合コンする)があるように、限られた時間で会うという条件があるので、女の子の心理的ハードルが低く、OKを貰いやすい傾向があります。
ただし、勤務地の関係や会社や学校ごとの文化(ランチは同僚やクラスメート食べるのが必須)などもあるので、女の子の事情はしっかりと考慮した形でお誘いするようにしましょう。「もしランチとか自由に外出できそうなら…」というフレーズを冒頭につけると気遣いが女の子に伝わります。
このランチのお誘いは場所や時間帯が合えばOKを貰いやすい反面、時間内に面白かった・楽しかった…と思わせる必要があり、コミュニケーション力の低い童貞男子にはややハードルが高いかもしれません。
1時間程度の間にお互いの事を知るにはなかなか難しいこともあるので、食事や飲みに行って2回目に会う時や、複数人で会った後(1回目にお互い友達や同僚を連れて会いましょう…となった場合)などに使うのが好ましいでしょう。

番外編「複数人で会いませんか?」

なかなかお誘いをしてもOKがもらえないケースの場合には、女の子の心理的に以下の2つの可能性が考えられます。

  1. 男性としてあまり魅力を感じておらず、会う時間がムダもしくはあまり気分が乗らないので、断っている
  2. 気にはなるものの、いきなり1対1で会うことに抵抗感がある(恥かしい、軽い女だと思われたくない…など)

いずれの場合も、いきなりの1対1になるお誘いでは状況が変わらない場合があります。その場合には「お互い友達や同僚を連れて、複数人で会いませんか?」というお誘いの方法に切り替えてみるのも手です。
複数人の提案をした場合に、女の子側から「他にどんな人が来るのか?どんなスペックなのか?」という確認が執拗にある場合には、1のケースが考えられます。その場合には、もし出会えたとしてもその女の子と男女の仲になるのは難しいかもしれません。あなた自身には関心がなく、あなたの友達や同僚のイケメンを目当てにしているからです。
逆に、あまり連れてくる参加者の事を深く聞いてこない場合には、2の可能性が考えれます。単にあなたと1対1で会うことに抵抗があるだけで、他の人は人数合わせとしか考えていないというケースです。この場合には出来るだけ参加者達の日程調整に尽力するようにしましょう。
ちなみに、通常の飲食店などに食事や飲みに行くのであれば、複数人で会うときの最適な人数は2対2もしくは3対3です。それ以上の大人数で会う場合にはお花見やBBQなどのイベント的な場に限るようにしましょう。人数が多すぎるとまとまりがなくなり、男女同士での交流が行われにくくなってしまいます。(男子は男子と話してしまい、女子は女子と話してしまう…という悲惨な状態)

出会う時にはしっかりと準備を

出会う前には、しっかりと準備をしておくことが重要です。無計画でぶっつけ本番のような出会い方はもちろんダメです。特に女性とのコミュニケーション経験が少ない童貞男子にとっては、無計画に出会ってしまうのは厳禁です。
会話が続かない、笑顔が引きつってしまう、無駄なことをしてしまい自滅する…など。気をつけているつもりでも、よくあるダメ男子の傾向が見え隠れしてしまいます。何も準備なくして出会って女の子を楽しませることができる上級者も、最初の頃は準備や事前の用意に頑張った実績があるからです。本当の天才じゃない限り、ぶっつけ本番でいきなり100%の力は発揮できません。

準備すべきポイント1「見た目・ファッション」

まずは最も重要であり基本でもある「見た目・ファッション」です。
想像してみてください…髪の毛はボサボサ・歯はボロボロ、目やに・鼻毛が出てて、あらゆる臭いがキツく、汚い格好をしている…という女性にあなたは好意を抱けるでしょうか?どんなに性格が良い子だったとしても、恋愛対象として見るには難しいのではないでしょうか。これは女性が男性をみる場合もまったく同じです。
最低限のマナーでもある「見た目・ファッション」には気をつけるようにしましょう。「合コン・街コンで女性にモテる服装・ファッション」も参考にしてみてください。

準備すべきポイント2「デートの場所・お店」

次に大切なのは「デートの場所・お店」です。
どんなに見た目を格好良く決めたとしても、セレクトするデートの場所・お店がイマイチだと女の子のテンションも上がりません。童貞男子には厳しい現実かもしれませんが、変なお店や場所に連れて行ってしまうと…後日女子会のネタとなって笑い話や愚痴の元となってしまいます。グルメ情報サイトやデートスポットを紹介している雑誌などでしっかりと調べておきましょう。

準備すべきポイント3「トークの話題・ネタ」

見た目の清潔さやファッションも女性に好感が持たれる姿になって、デート場所も申し分のない女性が喜びそうなお店をチョイス。
ここまできたら、あとはあなたの「トークの話題・ネタ」があれば、女の子を楽しませることが出来るようになります。同じ時間を共有するのですから、つまらない相手といるよりも楽しい相手と女の子も一緒にいたい…と考えています。
面白い話をしようとしてしまうと、相手の女の子のタイプにもより、話が盛り上がったり盛り上がらなかったりします。巧みな話術も求められるので、童貞男子には難しいかもしれません。相手の女の子の興味がある事、好きな事を事前にリサーチし、しっかりとそれに関する情報を入手しておきましょう。
また、女の子に沢山話してもらうのも重要です。男性のほうからベラベラとしゃべるよりも、女の子が話しやすいように質問したり、合いの手を入れて話を盛り上げるようにしましょう。

準備すべきポイント4「お金・クレジットカード」

この点は妥協しても良いかもしれませんが、経済力があるように見せることに越したことはありません。モテる男性の1つに”経済力”がある事は、「無職・フリーターで童貞だと、やっぱりモテない?」でも記載した通りです。
スマートな支払いができるように準備しておくことで、2回目のデートのお誘いや、その後の展開もスムーズに進むでしょう。

出会ってから、セックスまでいける確率

女の子に実際に出会えて、デートをして…となると、いよいよ最も童貞男子が気にしているセックスできるのか?の確率をご紹介します。

童貞男子の確率は5~10%

童貞男子が出会い系で会えた女の子とセックスができる確率は…なんと5%!つまり童貞男子だとしても、10人の女の子に出会えば、そのうちの1人とはセックスまでいける!という事になります。あくまで今回のアンケート調査による統計的な確率ではありますが、中には3人目でセックスできた!というような童貞男子もいました。

非童貞の確率は20~30%

この出会ってからセックスまでいける確率は、非童貞の男子の方がやはり高い傾向にあります。もちろん女の子とセックスした自信、女の子に免疫があるなどの経験の差はありますが、大きなポイントとしては気持ちの問題です。
童貞男子はついつい正当な手順「出会って→デートして→好きになって→告白して→キスして→女の子にOKを貰って」から…と考えてしまいがちですが、そんな事はありません。好きになる前に体の相性を確かめる…というくらいの気持ちでいる非童貞男子の方が、セックスするチャンスを逃さない為に確率が増えているようです。

実際に女の子に会えた人達の体験談

今回のアンケートに答えてくれた中で、実際に女の子と出会えた人達のエピソード・体験談の一部をご紹介します。こうやって出会い系・恋活サービスを介して女の子と出会えたんですね。

共通のファンだったバンドのライブに誘った

出会い系で知り合った女の子とメールのやりとりをしていくうちに、共通のバンドのファンだという事が分かりました。ちょうど半月後に近くの会場でそのバンドがライブをするので、思い切って誘ってみたら、あっさりOKをもらえました。ライブの後は2人でバンドメンバーが良く使うという居酒屋に。見た目も好みの女の子だったので、とても楽しかったです。その子とは気が合ったのでその後に付き合うことになりました。
(ヒデトさん 21歳)

お互いの学校近くにある有名店を予約した

彼女は俺の通っている学校から離れた場所にある学校に通っていたけど、ちょうど2人の中間くらいにTVで人気になったお店があった。行きたがっていたので、予約をして一緒に行かないかと聞いた。かなり悩まれたけど、強引に押し切ったら一緒に行ってくれた。結局俺がおごることになった。3回目くらいのデートでやらしてくれた。
(Zell0906さん 22歳)

東京ディズニーランドのチケットで釣った

僕は千葉、彼女は神奈川というお互いの家からもちょっと距離があり、接客業の社会人で休みの日がなかなか合わず、会えないながらも3ヶ月近くやりとりをしていました。たまたま次の休みのタイミングが合い、千葉の方に出て来れそうとの事だったので、東京ディズニーランドのチケットを手配して、彼女と一緒に行きました。
初デートでディズニーランドは行かないほうが良い…などと言われていますが、3ヶ月もやりとりをしてお互いの好みも知っていたし、ずっと会いたかったから話も沢山盛り上がりました。ディズニーランドからの帰り際に告白して、付き合うようになりました。
(ゆうすけさん 26歳)

今回のアンケート内容の詳細

アンケートテーマ:あなたが出会い系・恋活サービスを使って出会った女の子について
アンケート実施期間:2017年4月29日~5月21日
アンケート回答者数:18歳~36歳までの14名
アンケート質問項目:
①どのくらい出会い系・恋活サービスを使っている?
②出会う為に何を準備して、気をつけた?
③実際に、出会い系・恋活サービスで何人に出会えた?
④女の子と会う時の誘い文句(お誘いの言葉)は?
⑤出会えた女の子の中で、何人とセックスまで出来た?
⑥出会った女の子とは今、どんな関係?
⑦今後も出会い系・恋活サービスを使う?

まずは女の子に出会わないと、いつまで経っても童貞を卒業できません。出会い系・恋活サービスを上手に使って、童貞を卒業しちゃいましょう!